採れたて芸能速報

    2021年03月


    2013年チェリャビンスク州の隕石落下(2013ねんチェリャビンスクしゅうのいんせきらっか)は、ロシア連邦ウラル連邦管区のチェリャビンスク州付近で発生した隕石の落下という天文現象のことである。2013年2月15日エカテリンブルク時間 (YEKT) 9時20分26秒に発生した。 ここでは、隕石
    46キロバイト (6,302 語) - 2020年11月29日 (日) 03:16



    (出典 response.jp)


    ロシア中部に落下した隕石。 上空爆発時の威力は広島型原爆の30倍にのぼるとみられる。上空爆発がなければかなりな被害。

    【【広島原爆の30倍】2013ロシア隕石の威力】の続きを読む


    電磁放射(英: electromagnetic radiation)とも呼ばれる。 日常生活で知られる光や電波などは電磁波の一種である(詳細は「種類」の項目を参照のこと。)。 電磁波を説明する理論は、歴史的経緯や議論の側面によって光学、電磁気学、量子力学において統合的かつ整合的に扱われる。 電磁波
    39キロバイト (5,452 語) - 2021年2月15日 (月) 08:28



    (出典 image.honto.jp)


    電磁波がもたらす障害は多数。
    30数年前にロバートベッカー博士が警笛。欧米では厳しい規制をかけるが、日本は。。

    1 hanzai-ni-tsukauna :2016/02/13(土) 02:59:51.75

    「電磁兵器」開発はここまで進んでいる!
    「SAPIO」 1997.10.8号 著者・元UPI東京支局長グレン・デイビス

    (前スレ)http://hayabusa6./test/read.cgi/war/1363722476

    ○ 米国における主要な「電磁波マインドコントロール」

    1. 1953年  MK-ULTRA    CIA
    2. 1958年  Moonstruck    CIA
    3. 1958年  Orion         U.S.A.F
    4. 1960年  MK-DELTA   CIA
    5. 1983年  PHOENIX Ⅱ     USAF
    6. 1989年  TRIDENT      ONR、NSA
    7. 1990年  RF MEDIA      CIA
    8. 1990年  TOWER        CIA、NSA
    9. 1995年  HAARP        CIA、NSA、ONR

    ※  CIA = 米国中央情報部   NSA = 米国国家安全保障局
       ONR = 海軍調査課   U.S.A.F = 米国空軍

    1. 1953年  MK-ULTRA    CIA
       薬物、電子チップ、電気ショックを使う。☆標的は短距離。
       ☆周波数はVHF、HF、UHF等をELFで変調。
       ☆目的は行動のプログラミング、サイボーグ的精神構造の創造。
       ☆効果はナルコレプシー的(発作性睡眠的)失神、暗示によるプログラミング。
       ☆別称はプロジェクト・アーティチョーク
       ☆機能基盤は記憶を電子抹消。

    2. 1958年  Moonstruck   CIA
       脳と歯に電磁波を出すチップを手術中かもしくは誘拐して密かに植え込む。
       ☆標的は広範囲。 ☆周波数はHF~ELFでチップを操作。
       ☆目的は追跡、マインドおよび行動コントロール、プログラミング、秘密工作。
       ☆機能基盤は脳電気刺激(ESB)

    3. 1958年  Orion         U.S.A.F
       薬物、催眠術、脳電気刺激。☆標的は短距離、人に直接。
       ☆周波数はELF変調。 ☆伝送・受信はレーダー、マイクロ波、ELFで変調。
       ☆目的は保護を要する最重要人物の(亡命した大物など)の事情聴取。
       ☆効果はプログラミングおよび忠誠心の確保。
       ☆別称はドリームランド

    4. 1960年  MK-DELTA   CIA
       微調整された電磁波によるサブリミナル・プログラミング。
       ☆周波数はVHF、HF、UHFをELFで変調。 ☆伝送・受信はテレビアンテナ、
       ラジオアンテナ、電送線、マットレスのコイルなどを60ヘルツ配線で変調。
       ☆目的は一般人の行動や態度のプログラミング。 ☆効果は疲労感、気分のムラ、
       行動機能不全、社会的犯罪行為。 ☆別称は「深い眠り<ディープ・スリープ>」

    5. 1983年  PHOENIX Ⅱ     USAF
       電磁波をつかって特定集団を標的とする。 ☆場所はロング・アイランド島、
       モントーク。 ☆標的は中規模範囲。 ☆出力はギガワットからテラワット。
       ☆周波数はレーダー、マイクロ波、EHF、UHF。 ☆目的は彼らを使ってさらに
       大衆をプログラミング。ほかに地質活動を休止状態にする、特定の地域に地震を
       起こすなど。 ☆別称は「レインボウ」  (NO,2につづく)


    【電磁波障害を甘くみてはいけない!】の続きを読む


    内閣府大臣官房 総務省大臣官房 法務省大臣官房 外務省大臣官房 財務省大臣官房 文部科学省大臣官房 厚生労働省大臣官房 農林水産省大臣官房 経済産業省大臣官房 国土交通省大臣官房 環境省大臣官房 防衛省大臣官房 警察庁長官官房 公正取引委員会事務総局官房官房長不置) 宮内庁長官官房官房長不置)
    15キロバイト (2,629 語) - 2021年3月27日 (土) 07:52



    (出典 i.ytimg.com)


    どこかに天下れるでしょ。
    人事発表で名前分かられるのでは。
    【下記一例】
    大臣官房付・即日辞職とは、大臣官房付のポストについていた人が民間企業や他の役所などへ出向するとき、一旦公務員を辞職してから移籍するということです。
    「退職出向」といい、一定期間の出向の後に、再任用という形で公務員に戻れます。

    1 ワールド名無しサテライト :2021/03/30(火) 22:29:30.65 ID:bGgnPPb50.net

    ワールドビジネスサテライト: http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/
    facebook:http://www.facebook.com/wbsfan
    トレたま:http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/
    前スレ:
    【一太郎】WBS☆ワールドビジネスサテライト11724【禁止令】
    https://himawari.5ch.net/test/read.cgi/livetx/1617109610/


    【【酒を注がれたい欲望】厚労省送別会参加した課長更迭】の続きを読む


    抗がん剤(こうがんざい、英語: Anticancer drug)とは、悪性腫瘍(がん)の増殖を抑えることを目的とした薬剤である。抗癌剤、制癌剤とも。がんの三大治療である手術、化学療法、放射線療法のうち化学療法に入る。 抗がん剤の作用機序としては、DNA合成阻害、細胞分裂阻害、DNA損傷、代謝拮抗、栄養阻害などがある。
    34キロバイト (4,761 語) - 2021年3月25日 (木) 06:57



    (出典 i.ytimg.com)


    人は1日5000個以上ガン細胞が出来てるが人に備わるNK細胞で消滅してると言う。
    医者は抗がん剤打たないらしい。

    1 がんと闘う名無しさん :2012/04/03(火) 18:18:35.85

    実はガンになってもガン自体で*ときは余命がまだある状態だ。
    しかし、これらの寿命を縮めるのが抗ガン剤の副作用なのだ。
    ガンで*人は抗ガン剤で*でいるのだ。


    【【医療費これだけ使ってもガン死者増加】】の続きを読む


    パニック障害パニックしょうがい、英語: Panic disorder ; PD)とは、予期しないパニック発作(Panic attacks, PA)が繰り返し起こっており、1か月以上にわたりパニック発作について心配したり、行動を変えているという特徴を持つ不安障害に分類される精神障害
    46キロバイト (6,644 語) - 2021年3月14日 (日) 12:03



    (出典 familynavi.jp)


    パニック障害は突然訪れる恐怖感や強い不安によって、激しい動悸(どうき)やめまい、呼吸困難などの発作が生じる。本人は死の恐怖を感じるほどのつらさを覚える。検査をしても異常がない。
    中川家の兄・剛(50)美容家のIKKO(59)タレントの釈由美子(42)ら多くの著名人が過去にパニック障害だったことを明かしている。
    ゆっくり休養して欲しい。

    1 ひかり ★ :2021/03/29(月) 21:38:16.80

    以下、コメント全文


    まずはじめに、応援してくださっているファンの皆様、そしてお世話になった関係者の皆様にきちんとしたご報告が長い間出来ていなかった事をお詫びいたします。

    僕は2018年から、小さいころから患っていたパニック障害を治療するために、
    入院をして、自分なりに頑張ってなんとか回復させて、
    また皆さんの前にたてるよう、
    またメンバーと一緒の時間を過ごせるよう、
    これまで病気と向き合ってきました。

    でも、現在も僕の病気は完全には治っていません。

    僕の症状には波があり、ひどく症状が出てしまう時と、おさまっている時があります。
    そんな自分の状態をうまく説明できなくて、なかなか周囲の方に理解してもらえない時もありました。

    そして、休養をしてから2年以上が経過してしまい、
    いつもそばで見守ってくれたメンバーや、
    ずっと応援してくれているファンの皆さんに対して、
    はっきりとした報告もできないまま、この先もこれ以上待たせてしまう事が、本当につらく感じてしまいました。

    そのような気持ちを抱えて過ごす中で、色々な葛藤がありましたが、とても勝手かもしれませんが、自分のなかでの一つのけじめとして、2021年3月31日をもちましてKing & Princeからの脱退と、ジャニーズ事務所を退所させていただく事になりました。

    メンバーを含め、たくさんの方々が応援し続けて待ってくれているにも関わらず、自分の心の弱さから、皆さんとの約束を果たす事が出来なくなってしまった事を、本当に申し訳なく思っております。

    ティアラの皆さん、ずっと僕の事を好きでいてくれてありがとうございました。常に心配をかけてしまったけれど、どんな時でもティアラの皆さんの気持ちはすごく伝わっていました。

    約11年間応援してくれて本当にありがとうございました。
    新しい道に進んでも僕はティアラの事が大好きです。

    これまでお世話になった関係者の皆様、本当にありがとうございました。
    皆様から色々な事を学ぶ事ができ、本当に楽しかったし、勉強になりました。
    皆様のお力がなかったら、ここまで歩めなかったと思います。今後はその学んだ事を生かしながら、新しい道を進んでいきたいと思っております。

    そして、いつも僕の居場所を守って、ずっと寄り添ってくれて、僕の決断を尊重してくれた、紫耀、廉、海人、岸くん、神宮寺には言い表せないくらいの感謝の思いでいっぱいです。
    中学生の頃からお互い切磋琢磨し、時には喧嘩をして、時には泣き、笑い、
    本当に僕の青春時代をみんなと共に過ごせた事は、人生最高の思い出です。
    そしてKing & Princeのメンバーとして一緒にデビュー出来た事は、人生最高の誇りです。
    この先は、オスティアラとしてKing & Princeを応援し続けたいと思います。
    僕はずっとずっとメンバーの事が本当に大好きです。

    また、ここまで大きく成長させてくれて、僕の生きる意味を教えてくれた、ジャニーさんにもたくさん感謝しております。
    ジャニーさんと出会ってなかったら僕はいませんでした。メンバーにもファンの皆さんにも会えなかったと思います。
    ジャニーさんは僕にとって、お父さんのような存在でした。たくさん怒られ、たくさん褒めてくれ、最後の最後まで心配をしてくれていました。
    ジャニーさんの教えてくれた事は芸能界問わず、社会に出ても大切な事ばかりです。
    その事を胸に刻み、ジャニーさんが笑って、安心してもらえるような人生を歩んでいきたいと思っております。

    この先、新しい道に進みますが、僕とメンバー、そしてティアラの絆は、この大きな空を通して永遠に繋がり続けると思います。
    またこの先、大きな壁が立ち塞がる事もあると思いますが、その時は自分自身に『大丈夫』と言い聞かせ、1人の人間としてより強くなりたいです。
    そして今後、病気が治った時はもっともっと笑っていたいです。

    また、多くの先輩方、仲良くしてくれたジャニーズの皆さん全員に心の底から『本当にありがとうございました』と伝えたいです。

    今後もきちんと自分の病気を克服するために、今までとは少しだけ環境を変えて、しっかりと自分のペースで治療を頑張ります。そして、応援してくださった皆さんにいつの日かまた再び笑顔を届けられるようにしっかりと人生を歩んでいきたいと思います。
    本当にありがとうございました。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/80d0be91799487fe92e4164500042ac61ea34edb


    【【芸能人パニック障害】岩橋玄樹が3月末でキンプリ脱退】の続きを読む

    このページのトップヘ